久しぶりに東京さ

行ってきました。本屋を覗いても
原発事故や震災などどこかの国のような実感のない空間東京。そんな気がしたのはヒガミか。

先の大戦では勝利は決定的なのにうじうじしてる間に原爆も実証できた。東京大空襲も戦況には関係なく戦争に負けることの悲惨さを非戦闘員に身にしみて実感させるためにやったとか。ここ長岡市は山本五十六の出身地であるという理由で徹底して空爆したとか。

人間も足の小指の先端の痛さも全体で共有できるよう脳にしっかり伝えるようにできている。しかしその集合体としての組織や社会はそのように機能してない。10兆円の景気対策も財源は国債.原発と同じ子孫へのつけ回し。現在の饗宴を維持したければその行く先は決まっているのに正直に言えば選挙に負けるし考えることさえしない。六ヶ所村で事故があっても東京は痛くないと思っている。経団連の会長も早く原発を動かし増設しろという、恐らくこの流れは「大空襲」まで止まらないでしょう

この国の民は自然との付き合い方を知恵として持ってるがそれが科学(人災)との付き合いに仇となってしまっている。水に流す、やり過ごす、ほおかむりする。忘れる。

それにしても誰も刑務所に入れられてないどころか年俸さえ保障されているこの集合体が一国として成り立ってるのか不思議である。

願う幸せとは他の命の最小限の犠牲の上に与えられるささやかなものでありたい
[PR]

# by kimizudo | 2013-01-11 10:43  

放射能という形而上学

放射能が降っているという情報は地球上で人間だけが「理解」している。猫も鳥もミミズもかえるもタマネギもトマトもケヤキも銀杏も感知してない。生体で感知できないものを人間だけがをデータで20マイクロシーベルトなどと「理解」している。その理解は人間が作ったセンサーで表示しているだけだ。これは哲学ともいえる形而学上の理解である。だから一人ひとりその意味が違ってくる。恐い、恐くない人それぞれである。医学的結果もおそらくまちまちであろう。生物である人間が生物が感知できない世界に踏み込んだ原子力利用、遺伝子組み換えは人間だけに反逆する。人間だけがその罪を知っているから。牛も猫も大豆も魚も原子力と遺伝子組み換えには恐れはしない、ただ作為者人間だけがその罪(影響)を背負う。地球も然り。
[PR]

# by kimizudo | 2011-06-14 20:17 | 田舎暮らし  

東北震災

http://www.mxtv.co.jp/nishibe/archive.php?show_date=20110319
[PR]

# by kimizudo | 2011-04-10 20:51 | 田舎暮らし  

統帥

灼熱の中新宿西口で民主党代表候補者の立会演説があった。国民は取り敢えずはどちらかに総理大臣として国政に責任を任せることになる。その主張はそれぞれ良しとしても感じたことがある。SPはもちろろん武器保持のため、司会者も立会人も一歩下がる意味で上着を着用していたが。候補者一方はネクタイもし上着のボタンもしていた。一方は腕まくりの白シャツで腰に手を当てていた。
かって乃木希輔は203高地攻略に多大な犠牲を余儀なくされたがその風貌が悲しみをこらえるとして信をえたともいわれる。東郷元帥は日本海海戦で甲板で微動だにせずその足の裏だけがシブキをのがれたという。司馬遼太郎の創作としても、統帥するということの意味は行為でしか示せないということだろう。
さらに暑い翌日の大阪梅田でも同じであった


じゃんけんは?
[PR]

# by kimizudo | 2010-09-04 20:41 | 時事雑感  

小さな希望

大きな壁に突き当たってるような時代。今までのシステムが通用しなくなってるのはなんとなく感じている。それが安心、安全を求める根底にあるような気がする。今の利益を求めて活動すると将来の不利益を増大してしまう。国内トップ会社が国際社会で生き残る為にやむをえず社員を解雇すると社会全体が元気がなくなってしまう。景気が悪いから立ち直る為には将来世代に借金を送らなければならない。今の快適な生活を求めて電気を使えば将来世代に解決不可能な核廃棄物を押し付ける。
 部分の利益を追求することが全体の不利益になり、かえって部分の不利益になる。今の利益を追求することが将来の不利益になってしまう。このことは現在の社会経済システムが限界に突き当たったという事ではないのだろうか。民主主義とか自由とかの価値観も含めて。理想を掲げて邁進する人生観も絶対ではなかった。何が原因しているかははっきりとは言えないが、複数の原因が輻輳してることは確かだろう。
 かつて成長・拡大時代の目標は解りやすかった。一所懸命勉強して就職に有利な大学に入学し大企業や役所に入り出世し高給を得て豪邸に住み妻子に恵まれ高級レジャーを楽しむ。研究者となって偉大な発見をし世の中に貢献する。これが疑いも無く今までは人生の目標になり得た。そして自分相応のミニチュア版を求めれば相応に満足できて「幸せ」を感じられた。自分の為に頑張ればそれが家族を幸せにし、会社も業績が上がり社会もよくなる。システムが有効であったから。それが必ずしもそうはならない事態に現在は困惑している。
 おそらくこのような価値観をささえられた一つには経済、人口、食糧、エネルギー等が無限に拡大できると仮定したシステムだからだろう。また全てのものは人間の為に利用してよいという人間優先主義も限界を露呈してきているのだろう。地球は有限であるという現実が人類の前にあらわれてきても経済は成長し続けること、生産は拡大しなければならないことこれをを止められない。人間の為に他の生物や自然を限界を超えて利用しなければ「豊か」になれないシステム。それにに呑みこまれた「幸せ」な生活。私たちは今いか程の厚く高い壁に直面してるのだろうか。

 真面目に働ける場があり、働くことによって家族も、地域も、環境もよりよい関係になってゆくそんな時代が確かにあったのだと思う。そんな地域が在ったのだと思う。それを新たな形で取り戻すためには歩んできた来し方を自分の足元で振り返ってみよう。
 例えば幸い今でも村の農家には縁側があり土間があり囲炉裏炬燵がある。そこは農作業の場でもあった。ここでは暮らしと仕事が融合していた。家族や地域とともに生活や仕事があった。個人が家族や地域や仕事や暮らし等と一体となってあった。今はそれらがそれぞれ離れていくように流れている。バラバラに離れていく現象は村にあっても都市と同じである。これが不安の基底となっている。しかし精神は去ろうとしても「囲炉裏」という形が残っている。形は再創造のきっかけとなりえる。
 そこを見つめながら様々な活動があれば、もしかして流されてゆく「つながり」を引きとめ新しい人の関係、自然との関係が創造できるのではないだろうか。小さな希望である。
[PR]

# by kimizudo | 2010-08-05 09:06  

100年前を読む

願わくばこれを語りて平地人を戦慄せしめよ編集 | 削除

と、遠野物語で柳田國男が叫んでから百年の歳月が過ぎた。
明治という脱日本の近代化は先の敗戦もものともせず突き進み、ようやくその限界を万人が心底から恐れる時が来た。明治という「開国」の時代日本の頭脳は外国に学び一刻も早く並ぶべく邁進してきた。その時「この書を外国にある人々に呈す」として国内に残った柳田が著した遠野物語。今や山村の中にも異文化はシッカリと浸透し誰もが「外国にある人々」となってしまった。私自身の心に進入してきた異文化を掘り起こして、社会について、共同体について、そして人間の生き様について考えてみる為に「遠野物語」を読み始める。数年かけて今後の100年を見てみたい。赤坂憲雄(県博物館長)の講義は昨日は6行しか進まない程だがそれでもはしょってるという。
[PR]

# by kimizudo | 2010-05-07 17:59  

今も時代の迷信が跋扈している

 65年前、大新聞は大本営発表を伝導し国威を発揚する事が国益だった、そして軍国少年は疑問もなく励んだ。
マスコミは大いに『国益」に寄与した。しかしその時代の形とさして変わらずマスメディアと聴衆は今も歩んでいる。国民は簡単に煽動されるという仕組みから少しも脱却して無い。そのことは小泉郵政選挙で認証済み。今にして思えばは65年前「転進」という活字から「敗退」を読み取る力を持たねばならなかった。新聞などは2週間遅れて読めば冷静に行間から事実を読み取れるかもしれない。物事には両面があり、大きな時代の曲がり角であればあるほど、煽動する風も強いのでのんびりみるのも必要と思う。
そこで見えてくるものは。

1、地球温暖化防止のためCO2を削減せよ。

  これは、一面であると考えてみよう。
100年の単位では温暖化してるが、1000年以上の単位では寒冷化に向かってる。温暖化より寒冷化のほうが生物生存は厳しい。1万年前の縄文時代は温暖で縄文海進があった。気候変化は単純ではなく、温暖化の主犯はCO2ではなく、水蒸気が大きい。温暖化の結果CO2が増えて温暖化が進む.
  これらの主張は現在マスメディアでは報道されないし、学会でも干されている。 

2、巨悪ほど懲らしめるという時代がかったトリック。

  今の時代本当の巨悪は、末端に細かく分散して広く薄く分布している。それらを集積してみれば数十兆円にのぼることを知る。こちらの方が狡猾で殆んどの人がなにがしかのおこぼれに預かっている。大衆は大きな被害者であり小さな加害者である。真の巨悪とは自分の心のなかに進入して占拠するものだ。これらを懲罰できるのは一人ひとりでしかない。それを覆い隠す為に3年~10年ごとに舞台俳優として大物は推薦される。浅はかな劇を見てる間に自宅には他人が忍び込む。

3、 世界同時多発テロの虚構。9.11がテロとの戦いの始まりだがその実態は
   自作自演ではないか。

貿易センタービルが飛行機の衝突によって粉々なったり、ペンタゴンに飛び込んだ飛行機の残骸もなく、その飛行機より穴が小さいのは不思議だ。これはイラク戦争の口実となり。大量破壊兵器も存在しなかった。


これ以外にもつくられた舞台で観衆は興奮しているがやがてこれらの問題は早晩年数が経て解明される。
[PR]

# by kimizudo | 2010-02-28 08:37 | 時事雑感  

腐敗の象徴

国民(未だ生まれない子孫も含めて)が税金を納める税金が使われている。1兆円もの赤字を出したJALの再建に税金を注ぎ込む。こんな不正義を通さざるを得ない国の仕組みが直されなければ誰も真面目に払いたくなる。これ程の経営責任が問われないで何処に自己責任等という言葉があるだろう。JALはこの国の腐敗の象徴だ。会長も被害者であるだろう。航空局、航空族の利権、就職、組合。皆寄ってたかって喰いたかった。
国策会社であるが故に企業としての体をなしえないほど腐敗したわけだがその故にまた再建しなくてはならない。税金を注ぎ込む。この集合体としての不正義構成員を処罰する法律は無い。よって誰も東京地検に呼ばれることは無い。
相続税をちょろまかしたり、ダムの工事費を還元したりしてはいけないが、皆で1000倍の金額を何万人で分けてしまえば雲散霧消の無罪である。
[PR]

# by kimizudo | 2010-01-21 19:16 | 時事雑感  

田舎暮らしの 住まいつくり

自然を求めて里山に家を造ることについて    04,9,2


都会の喧騒とした非生物的な空間を離れて、水や空気のきれいな田舎でゆっ
くりと静かな生活を送りたいと思うことは、今も昔も自然な一つの流れ
でしょう。
しかし今日環境問題がこの行為の持つ意味をかって無く重くしつつあるなかでは、己の行おうとする行為が及ぼす周囲への影響について思いを致す必

要があるとおもいます。それにはまず、

1.何故自分は自然の中に、安らぎを感じ生活したいと思うにいたったのかについて、少しく振り返ってほしい。

自分や家族の今までのライフスタイル、価値観、ひいては日本人、人類の歩んできた過程を。自然や環境と自分との関係について。(参考1)
そして
2.科学技術に支えられた文明生活が頂点に達し、環境問題や生活習慣病、子供の育ちの不全を引き起こし、このことが今日差し迫った課題であること

は、だれしも認めることでしょう。しかし社会的にも個人的にも悩ましい問題であり、先送りしたつもりで目をそらし改善の方向に歩み出せなでいるこ

とは、日常の多忙感にかまけている自分にとって最も重要なことを放棄し実は最大の損失を招いているとも言えるのです。

それに加えて今個人が為しえる最大の環境破壊を起こしかねないことなのです。
地表をけずって人工物を造作することは。そして使用する材料の由縁を考慮しなければ。

つまり苦労して住まいを得て、そのあげく体調を崩すなどあってはならないのです。

折角夢の実現に向かって意気上がっているときに一見水を差すようですがこの検討を加えることにより、より一層自然と調和した住まいが出来、後悔ではなく一段と深い感慨に到達してほしいのです。


住まいつくりの決断は、設計士でもなく、大工さんでもなく、ハウスメーカーでもなく、自分自身がしたことですから、最終責任は自分にあるのです。

 家を造ると言うことは、人生の中で大きな仕事ではあっても、決して最終目標ではありません。自分がどのようなライフスタイルをつくっていくかの一つ

の手立てとしての意味であり、そこに自分の住まいつくりとしての自己責任が生じるわけです。

そして、自らの住まいを得るという結果は、自分がどの程度そのプロセスに関わったかに関係なく裸の自分がそこに見られることに加え意識下の内面さえも対象化されて具現化してしまうのです。決して設計士や大工さんに任せたのだからと責任を転嫁できないのです。

住まいつくりは、ひとつの過程です。自分のライフスタイルを創りあげていくことのなかでの大きな一助です。そして、時間をかけて住まいをつくり上げていくと言う過程の中に自分のやりたいことが組み込まれ、生活全般が見直され相乗的に相互に充実してくるのです。
どういうライフスタイルを作り上げていくか方向が見えないうちは、当然のこと住まいはつくれない。設計しようにも生活スタイルが見えないことには間取りも中途半端になってしまう

 土間が欲しいーーー土間で何するの。外断熱にして欲しいーーー木造戸建で?
自分がやりたいことがハッキリすればするほど設計がスッキリする。
ハッキリしなければ誰にでもあうそこそこの一般的なモデルハウスになってしまう。

農家の間取りが似かよって在るのは、生活の積み重ねの結果のはっきりした意思が形になったのであり、モデルハウスとは、似て非なるものです。

家を造るということは、自分の生活全体を、見つめ直すことであり、自分と自然との関わり、自分と家族、人との関わりの豊かさを作り上げていくことにも通じることなのです。

ここでデザインの原則を確認しておきましょう。

① 相互関連性   つながりのある配置、  一つ一つの構成要素(家、池、道路など)を相互に助け合うような位置関係に置くこと。
② 多機能性   システム内の一つの構成要素が、一つの機能でなく多くの機能を営むようにする。
③複数要素支援 重要な機能は、二つ以上の構成要素によって支えられること。
④高率的エネルギープラン ゾーニング、カスケード、重力の利用
⑤生物資源の利用  小さな物質循環 持続可能性
⑥エネルギー循環    系内の汚染物 システム内のエネルギー回収利用
⑦小規模集約システム  植物の重層 高木、中木、低木、下草→集約シス    
           テム
           時間の重層 先駆植物から極相までの植物を1時に植える。
⑧自然遷移の活用と加速  1年草だけを植える現代農業から生産性の高い                      
               極相的農
⑨接縁効果     edgeはシステム内の最も多様な地域
⑩多様性      複雑であればあるほど安定する。バックアップ機能。

     肝心なことは、総ての物事には両面があるということ。パーマカルチャーデザインは、エネルギー集約的でも資本集約的でもなく、情報と想像力集約的である。(以上詳細はPC10の原則参照)。


1.先ずはアプローチの検討。(その土地にどの方向から迎えてもらうか。
聴いて従う。)

あなたが田舎の土地を購入したとしたら、その土地は自分の所有物でありほじくったり地表をコンクリートで塞いだり、どんな建物を建てようと全く自分の自由だと思ってませんか?大いなる勘違いでしょう。

 かって、アメリカ大統領がインディアンの酋長シアトルに、土地を買いたいと申し出たときの、シアトルの回答が残っている。「大統領は不思議なことを申し込んだ。一体空気を所有する事が出来ないように土地も所有など出来るものではない我々は使わせてもらっているだけだ。云々」
                       (参考)
   土地 表土は、太古の昔から遙かな未来にわたって地球の表面で自然物、あらゆる命を育んできた、大切なものです。林の中を歩いたとすると片足の底には、  の虫や微生物が生活しているのです。地表は生態系の重要な部位です。

特に林や草木に覆われた大地は、水の循環の一翼を担っている。
つまりその土地は、呼吸しており生きているのです。そこにあなたがお金を払ったからと言う人間社会の内部ルールをもって、勝手なことをすることなど出来るものでしょうか。しかも自然と調和した生活を目指す貴方ならなおのこと。
  それではどうしたらよいか。
 私はこの土地が気に入りました、出来るだけ迷惑をかけないように致しますから使わせて頂きたいのです。と言う心構えをいたしましょう。  耳を澄まして観てください。雲を、星を、月を、風を、雨を、山並みを。
目を凝らして聴いてください。足下の草の、木の、土の、水、石の声を。
そしてそのささやく声を肌で感じてください。

聴いて従うと言う態度が認められれば土地が貴方を受け入れてくれます。
そうすると、土地の方から心地よい風が迎えにきて入り口を教えてくれるでしょう。そこが貴方の進入路なのです。

この進入路がまづ第一に検討すべきことで全体計画、ゾーン分け、屋外設計、の後間取り取りとかはその後の検討になります。


2 建物の規模及び外観について。
次に検討すべきことは外との関係で建物の規模及び外観です。

建坪(表土を塞ぐ負荷面積。生態系の連鎖が代替修復可能な面積。)は、敷地面積の半分は超えないようにする。
住宅の規模は、必要最小限が好ましく、床面積がさらに必要な場合は2階も考慮して良い。2人で生活するとすれば、20坪(10坪+5坪×人数)で充分です。これがベースとなり家族のライフサイクル、来客、催事にも考慮する必要があるが、要は多機能的に使うことにより、トータルとして最大の恵みを受けられることが良いことでしょう。
・ヒューマンスケールで風土に馴染み風景にとけ込める外観(規模。形。色。材質)。
・つつましさを感じる存在感。違和感のない昔からそこにあったかと思える外観。
緑の中を歩いてきた来訪者(人、動物)が、ドキッとするような風景は避けたい。

3、
そして、敷地全体の大まかなデザインをします。 ゾーン分け。
住宅  憩いの場  作業場
        野菜
        家禽
        果樹
ここで留意すべきことは、敷地の周囲との調和です。敷地の中で住宅が調和するように、敷地のデザインが、その周囲とよく調和するデザインが心地よいことの条件です。       (参考)










3 さて建坪、間取りの検討です。

許された方向から入り、許された位置に許された大きさの建物の検討です。
例えば 温かみがあり和みが感じられることが希望とすれば
縦、横、高さのバランス。空間量。壁量と開口面積。黄金比
材料質感――木、土(土から生まれ土に還る材料、)――温かい、安心感
  プラスティック、化学塗料(理解できない素材)――冷たい、不安
1 多用途に使う。できるだけ専用の部屋は少なくする。融通無碍の大きな空間。→時間、場所的に固定性を少なく柔軟で創意工夫を生かせる。民家の知恵
       一人は、同時に2箇所を占有できない。
       時間をかけて造り上げていく。
2 二つ以上の機能をもたせる。
    土や レンガのキッチンストーブ→暖房、温水、料理、語らいの場、
     縁側の機能 内外の中間(遮断拒絶でなく、受け入れ関係性)
           お茶のみ、豆干し、ネコの陽だまり

3、自然エネルギー
エネルギーは、住宅のみで考えないで、場所性を考慮する。
太陽光の入射角  冬30度 夏78度――庇
夏の林の冷気の取り入れなど空気の流れを取り入れる。
自然のエアチューブ。
[PR]

# by kimizudo | 2010-01-11 17:52  

瞬く星

空を見ることなど忙しい頃にはなかったな。寒天を見てると人間界の騒がしさがドンドン小さく見えてくる。下界のヒトも経済とか政治とか人間界の架空の約束事に翻弄されて何をしてるのか気の毒と思う。この世の生死は確かに在る。在れば展開する。朝(あした)に紅顔在りとても夕べに白骨となる。生命に魂が宿るとき生物は呼吸をして山川は唯在る自然(ジネン)。おのずからしからしむ。しからしむ?。然とは何か。古来中国では犬を食す。薪を下に並べて犬を炙る(あぶる)。薪により燃えると、自らの滴り落ちる油によりさらに燃え上がりやがて空気と土になる。形ある生命は土に還り天に還った魂はやがてまた宿るべき生命の為に天に瞬く。これが自ずからしからしむ自然の正体。


自然(シゼン)とは夏目漱石が訳した言葉であったか。彼の悩みは西洋文化の羊頭狗肉導入が東洋には禍をもたらすという予感だったとすれば100年後の今それは実現してしまった
[PR]

# by kimizudo | 2009-12-24 06:59