腐敗の象徴

国民(未だ生まれない子孫も含めて)が税金を納める税金が使われている。1兆円もの赤字を出したJALの再建に税金を注ぎ込む。こんな不正義を通さざるを得ない国の仕組みが直されなければ誰も真面目に払いたくなる。これ程の経営責任が問われないで何処に自己責任等という言葉があるだろう。JALはこの国の腐敗の象徴だ。会長も被害者であるだろう。航空局、航空族の利権、就職、組合。皆寄ってたかって喰いたかった。
国策会社であるが故に企業としての体をなしえないほど腐敗したわけだがその故にまた再建しなくてはならない。税金を注ぎ込む。この集合体としての不正義構成員を処罰する法律は無い。よって誰も東京地検に呼ばれることは無い。
相続税をちょろまかしたり、ダムの工事費を還元したりしてはいけないが、皆で1000倍の金額を何万人で分けてしまえば雲散霧消の無罪である。
[PR]

by kimizudo | 2010-01-21 19:16 | 時事雑感  

<< 今も時代の迷信が跋扈している 田舎暮らしの 住まいつくり >>